ひとり飯

2018

烏丸御池

 ル・プチメック御池店(通称 黒メック) 9時~

 → ニソワーズ(ニース風 アンチョビ・オリーブとか)・青カビチーズとセロリ。

   ヨソで見かけない総菜パンのラインナップに胸が高鳴る。

   店員さんに注文をせかされるので全神経を研ぎすまし直感勝負!

   テラス席少しあり 満席で断念。

 

 ファイブラン 9時~

 → タルティーヌ(バケットをカットしたオープンサンド) 

    ↑ 具はマグロ~・ナス~等

   イートイン、カウンター席あり 

 

 ハーベストデイズ (古今烏丸内2F)

 → ハーベストサラダ (ランチは食パン半分+ドリンク)

   カウンター席あり

河原町

 生きている珈琲 10時~

 → 深マンデリン(コク 最大)

   カウンター席あり おかわりは300円引き 次回は水出しコーヒーHOTを飲む

 → 水出しコーヒーはもの足りなかった。雑味苦みがある程度あったほうが

   どうやら自分には合うみたい。

京都市役所前

 ブーランジェリエ ラ リベルテ 京都寺本店 7時~

 → トラディショナル(全粒粉とライ麦生地)

   オリーブ・クルミ/ボロニアソーセージ・チーズ

   クリームチーズ・イチジク

   このパンの生地が好み。

 → トラディショナル

   小松菜/明太子/オリーブ・クルミ

   カレーのフォカッチャ

   ここのパン、最初の一口目ですごく幸せな気分になれる。

   

京都駅

 オレノ パン オクムラ京都駅店近鉄名店街みやこみち内)9~21時

 → かた焼きカレー・アボカドクリームチーズ 

   19時頃でも一通り種類があった。

 紫野和久傳(むらさきの わくでん)京都伊勢丹店  BF2

 →鯛ちらし 調理 林 祐介

  ・鯛の黒寿し(昆布・生姜・柚子)

  ・白才菜(しろな)、椎茸・ぶな占地(ぶなしめじ)・菊花のお浸し

  ・茄子 南瓜麩(かぼちゃふ) 海老

  ・近江蒟蒻(食品添加物の三二酸化鉄着色による赤いこんにゃく)

    ↑ 見た目だけでなく 食感もおもろい。

  ・海老芋・小蕪(こかぶ) 柚子味噌(どこにあったか?)

  ・割り干し大根(切干大根の大きめにカット版  歯応えあり)

   ↑ピリッと辛くて箸休めに。辛い部分か辛い大根を使ったと思われる。

  ・柿 薩摩芋 利休麩(油で揚げた麩)

  ・松の実白和え(松の実は薬膳)

  地下二階老舗名店弁当売り場(オンライン予約あり)のHPを見る。

  どの弁当も凝っているが同じに見え、素人には区別が付かない。

  そんな中、鯛の薄造りがひときわ目を引いた。

  老舗は敷居が高いので、この弁当セレクトショップはありがたい。

  他の店もいつかは食べたい。特に「いづう」の鯖寿司。

  と思いつつ、京都駅ビル屋上「葉っぴいてらす」ベンチでひとり飯

  テーブルがないので、ここでの二重弁当は食べにくい。

  

祇園四条

 オレノ パン オクムラ祇園店+CAFE 8時~

 → 九条ねぎのタルティーヌ(パンはバケットではなかった食パン?)

   チーズのパン

   イートイン、カウンター席、リベイクあり。

   飲み物は500円からだったので水に。

   オレノパンはここで食べる。

出町柳 

 葵匠 ランチ11時30分~15時

 → 出町座で映画を観終わると13時30分頃で、周辺ランチタイム終了が

   多かったなか、ここは15時までと長め。

   漬物・味噌専門店なので、HPでみた漬物お茶漬け御膳を食べるつもりだったが

   メニューになく、鮭白みそ茶漬けに。店推しは銀鱈だが・・・。

   鮭の身は見目あざやかで、柔らかく、皮まで美味しかった。

   漬物はトマト・しば漬け・あおい漬け(?)の三種。

   普段食す漬物と違って、味に角がなくやさしい味。

   はじめて食べるトマトの漬物はとても上品。

   次回は他の漬物と銀鱈も食べてみたい。それとトマトの漬物は外せない。

   カウンターがないので一人で入るにはちょっとしんどい。

   今回みたいにピーク時をずらして入店したい。

 李青 11時~ 月火休み

 →ビビンバ・よもぎケーキ(禅食ケーキが売切れ)・五味子茶

  ビビンバの具は10種類と具だくさんでうれしい。

  五味子茶(オミジャチャ)・・・甘・酸・苦・辛・塩味

  モクレンチョウセンゴミシの赤い果実、漢方。

  実際の味は甘酸っぱい。韓国のお茶は初めて。

  2号店の喫茶寺町李青で禅食ケーキと他のお茶も飲みたい。

  体にいい物が食べたい年頃にはありがたい。